yutaの世界一人旅 ~人生って、生きるって~

大学院生が1年間休学して、世界の価値感に触れる旅の記録です。自分が思ったこと、旅の心境などを書いてます。2016年11月出国。タイ→ラオス→カンボジア→ベトナム→ニュージランド→オーストラリア→アルゼンチン→ウルグアイ(日帰り)→ブラジル→ボリビア ※情報は記憶なのであしからず… instagaram :yuta_def22

ベトナムいろいろ

 

~深夜の屋台~

 

夜中にホステルのエントランスで話していると

いろんな屋台が行きかうのが見える。

f:id:yuta_journey22:20170111183509j:plain

 

火を噴くおばさんが歩いてきたり。。。

f:id:yuta_journey22:20170111183511j:plain

 

 どれも興味をそそられる…

f:id:yuta_journey22:20170111183647j:plain

 

 

何やらスルメ?の屋台が。

f:id:yuta_journey22:20170111183649j:plain

 

スルメを食べる日本人として

やはり気になる。

値段を聞くと15,000ドン(75円)

試しに買ってみよう。

 

スルメを焼いて

f:id:yuta_journey22:20170111183840j:plain

 

機械でグリグリする。

f:id:yuta_journey22:20170111183842j:plain

 

グリグリしたのをちぎってまたグリグリ。

f:id:yuta_journey22:20170111183829j:plain

鍋でニンニクをこんがり焼いて

香りをだしてスルメを投入。

なんてジャンキーな笑

f:id:yuta_journey22:20170111183958j:plain

なぜ泡立ってるのかは不明、、、笑

 

香草の上に乗っけてできあがり。

f:id:yuta_journey22:20170111184105j:plain

 

15,000ドンだと思っていたら

おばちゃんが50,000ドンだと言う。

75円が250円、、、

フィフティーンとフィフティー。

聞き間違いなのか、、、、

そりゃ夜中だし手間かかってるから

納得だけれども、、、、

 

今思うと(物価の高いニュージランド)

そこまで高くはないけれども

当時はショックだった。

だって一食

食べれる金額だもん。

 

気になる感想は

触感パリパリでちょっと甘辛。

香草がアクセント。

ごちそうさまでした!!

 

 

~看板の番号~

 

ベトナムの町中にはいたるところに番号が、、、

 

f:id:yuta_journey22:20170111184239j:plain

ここは134

 

現地人のアニベルに教えてもらったのだけど

住所みたい。

 

気にして見てみる。

路地を進んでいくと番号が増えたり、減ったり。。。

f:id:yuta_journey22:20170111184309j:plain

 

結構わかりやすくて便利でした。

 

結構、店名が番号だったりする。

 フォー555とか

 

どこか行くなら通りの名前と番号を教えてもらい

それを目指して探すだけ!!

 

 ~路地裏の人気店~

 

現地のアニベルのイチオシのジュースのお店が

ホステルの横にあるというではないか!!

ホーチミンでとても有名らしい。

 

なんとこの路地のお店。

 

f:id:yuta_journey22:20170111184440j:plain

路地過ぎて聞かなかったら

きっといかなかっただろうなぁ

 

奥に行くとこじんまりとある。

f:id:yuta_journey22:20170111184455j:plain

マンゴースムージーを注文150円。

f:id:yuta_journey22:20170111184456j:plain

 ローカル感はんぱない!!

 

f:id:yuta_journey22:20170111184643j:plain

うまかったなぁ。

 

 

絶対アニベルに聞かなかったら

行ってなかったなぁ、、、

 

 

 ~ベトナムのコンビニ~

 

町を歩いていると

 

ミニストップサークルKが。

 

f:id:yuta_journey22:20170111184712j:plain

 

なんか落ち着くなぁ。

タイにはたくさんセブンイレブンあったよ。

 

※調べたらサークルK

なんとアメリカが発祥らしい!!

 

フルーツが売ってる。

トウガラシ砂糖(塩だっけか?)と共に。。。

(ピンクの袋)

f:id:yuta_journey22:20170111184758j:plain

 

 

ミニストップに行ってみる。

 

f:id:yuta_journey22:20170111184909j:plain

中はこんな感じ。

 

f:id:yuta_journey22:20170111184917j:plain

 

日本の会社だからか

日本人気なのか

おにぎりPUSH!!

f:id:yuta_journey22:20170111184945j:plain

日本と全く同じとはいかず

あんまり美味しそうでは…

 具が何があったか忘れてしまった…

 

なんとおでんも。

f:id:yuta_journey22:20170111185103j:plain

 

ミニストップといえばハロハロ!!

f:id:yuta_journey22:20170111185112j:plain

懐かしいなぁ。。。

 

日本のものを見ると

なんかほっとするんだよなぁ。

 

f:id:yuta_journey22:20170111185148j:plain

 やはり割高だった気が…

 

 

ベトナム戦争

 

ホーチミンで他に行った場所

ベトナム戦争博物館。

 

 

f:id:yuta_journey22:20170111185241j:plain

ベトナム戦争の当時の写真や

開戦までの経緯などが

ベトナムの視点から見ることができた。

 

当時の戦場カメラマンたちの戦地の生々しい写真や、

アメリカのまいた枯葉剤による奇形の写真の数々や

(戦いやすいようにジャングルの木を一掃するために)

奇形の赤ちゃんのホルマリン漬けがあったりと、、、

 

決して良い思いができる場所ではありませんでした。

 

ベトナム戦争をざっくり説明すると

ベトナム戦争北ベトナム南ベトナムとの戦争。

 

北ベトナムホーチミン率いる共産主義

南ベトナムは裏でフランスが操っており資本主義。

南ベトナム汚職も多く、国民は不満が募っていた。

 

北ベトナム勢力によるのベトナムの統一を

多くの国民が望んでいた。

しかしながら北ベトナム共産主義

当時、冷戦中だったアメリカは自国の利益のために

ベトナム共産主義になるのを防ぎたかった。

 

一つの国が共産主義になると

その周辺の国も次々に共産主義になるという

ドミノ理論を恐れたためである。。。

 

アメリカはベトナムの民意に反して

ベトナムを資本主義国にしたかったのだ。

 

ベトナム国民の民意に反したベトナム戦争は10年間続き、

非常に多くの犠牲者がでた。

民間人の犠牲者はおよそ50万人。。。

 

結局、戦争はアメリカの利益の為で

全く関係のない人たちが巻き込まれた。。。

 

戦争は結局、政治家の争い、お金目的

なのに罪のない人々が犠牲になる。。。

 

非常に憤りを覚えました。。。