yutaの世界一人旅 ~人生って、生きるって~

大学院生が1年間休学して、世界の価値感に触れる旅の記録です。自分が思ったこと、旅の心境などを書いてます。2016年11月出国。タイ→ラオス→カンボジア→ベトナム→ニュージランド→オーストラリア→アルゼンチン→ウルグアイ(日帰り)→ブラジル→ボリビア ※情報は記憶なのであしからず… instagaram :yuta_def22

ルアンパパーン到着!!

3日間の移動を経てついに到着!!

ラオスルアンパバーン!!

 

ルアンパパーンっていう名前の響きが好き。

 

ルパンザサード!!みたいな笑

 

ラオスらしい町並みと、歴史的、文化的遺跡保護のため

なんと町全体が世界遺産なのであります。

 

ボートから降りて

f:id:yuta_journey22:20161201231343j:plain

 

重たいバックパックを背負って川岸を登る。

f:id:yuta_journey22:20161201231549j:plain

 

町までみんなでトゥクトゥクで移動しないといけない。

値段交渉ではなく、チケット制。むむむ…

 

f:id:yuta_journey22:20161201231352j:plain

 あえて町から離れたところで降ろしてトゥクトゥクで雇用を生んでる??

しかもチケット制にしてがっぽり??

 

仲良くなったみんなで乗り合わせる。

 

f:id:yuta_journey22:20161201231744j:plain

そんなこんなでやっと着いたのと

みんなでトゥクトゥク乗るの

なんか楽しくて

 

ルアンパバーン♪」

(ルパンのリズムで)

 

って言うとみんなクスッてなった。

 

調子にのって

ルアンパバーン♪」を何度も言ってごりおす。

(得意技)

 

しまいにはみんなで

ルアンパバーン♪」

アホが国籍を超えた瞬間だった。笑

 

タイは日本と同じ左側通行だったけど、ラオスは右側。

 

ちょっと違和感ある…

 

基本的にみんなバイクを二人乗りしてるけど、

たまにレクサスとか走っていて不思議な感じ。

お金持ちの人もいるんだなぁ

 

チェンマイもそうだったけど、やっぱり砂ぼこり多くて空気が悪い。。。

マスクしてる人も結構いる。

 

 

無事到着して

仲良くなったみんなでセルフィー!

 

 

f:id:yuta_journey22:20161201231812j:plain

 

それぞれの予約した宿へ行って1時間半後に集合して晩御飯の約束。

 

ホステルに行って見ると

 

む、ち、ゃ、く、ち、ゃ、き、れ、い!!!

 

f:id:yuta_journey22:20161201232029j:plain

 

2日連続タフな宿だったからもう一流ホテルのように感じる笑

(焦って深く調べず予約してしまって一泊1000円ちょっと高い…)

 

トイレ、シャワーとかこんなん。最高。

f:id:yuta_journey22:20161201232059j:plain

しかも石鹸あるし!!嬉しい~~!←女子か

 

こっち来て思ったのが、お湯はガスじゃなくて

電気で沸かしてるっぽい。

なんかすげぇ。給湯器。

f:id:yuta_journey22:20161201232134j:plain

コンセントの電圧が220Vもあるとその分パワフルなんかな?

ワット数(W)また確認しよう。

けど電気代とか高いのかなと思う。

 

ホステルの部屋には上半身裸の髭の男性が。

 

軽く自己紹介し合うと

 

日本語で「ワタシちょっと日本語話せます。」

 

…!?!

 

フランスから来たティトゥアン。

大学で2年くらい日本語学んでたみたい。

今はシンガポールインターンをしてて

そのバカンスで旅行してるみたい。

 

 

そんなこんなで少し休んで集合場所へ向かおうと準備してると

レジーからメッセージがもうみんな集まってるらしい。

 

すぐ行くよ!とメッセージを送ると

 

RUN!! YUTA!! RUN!!

 

ってメッセージが

 

フォレストガンプになった気分で全力で走る。笑

(これがわからない人は是非、映画見てみてください)

フォレスト・ガンプ/一期一会 - Wikipedia

 

 

日本人と同様に時間に厳しいドイツ人もいるから余計焦る。

 

「遅くなってごめん」って言うと

「今来たばっかりだよー」ってやさしさに感動。

ありがとう。ダンケシェン。

 

向かった料理はインドカレー

 

ラオス料理じゃないんかい!!

 

ツッコミどころ満載だけど、新たな発見があると思い挑戦。

 

チキンジンジャーを注文。

 

そしたら自分だけケチャップソースでカレーじゃなかった笑

辛くなくしてって言ったのにむっちゃ辛かった。

チキンがパリパリですごい美味しい。

 

f:id:yuta_journey22:20161201232228j:plain

料理が好きなのでどうやってこの味を作るんだろうかと考えながら食べる。

 

その後はナイトマーケットへ

 

f:id:yuta_journey22:20161201232742j:plain

チェンマイはガチャガチャしてる印象だったけど、ルアンパバーンは静かな印象。

 

f:id:yuta_journey22:20161201232814j:plain

お手製モコモコスリッパが売っていたり

f:id:yuta_journey22:20161201232819j:plain

綺麗なライトがあったり

f:id:yuta_journey22:20161201232823j:plain

おなじみのフルーツジュース。

頼むと目の前でジューサに入れてくれる。150円くらい。

 

f:id:yuta_journey22:20161201232824j:plain

食べ物が並んでたり、、

f:id:yuta_journey22:20161201232830j:plain

女の子は宿題かな??

 

すごい小さな町で街も夜は暗くて落ち着いている。

安全なのか子供たちも遊んでる。

f:id:yuta_journey22:20161201233337j:plain

 

疲れたのでバーへ行くのを断ってホステルへ。

 

入口のテラスで女の人が、

Hiって言って軽く話しながら

外のテラスでまったりする。

 

名前はアマンディ。彼女もフランスから来たみたい。

 

話していると同じ部屋のティトゥアン登場。

 

3人で話していて、翌日一緒に早起きして街を見ることに。

 

こうしてまた新しい出会いに恵まれました。

 

つづく!!