読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yutaの世界一人旅 ~人生って、生きるって~

大学院生が1年間休学して、世界の価値感に触れる旅の記録です。自分が思ったこと、旅の心境などを書いてます。2016年11月出国。タイ→ラオス→カンボジア→ベトナム→ニュージランド→オーストラリア→アルゼンチン→ウルグアイ(日帰り)→ブラジル→ボリビア ※情報は記憶なのであしからず… instagaram :yuta_def22

~バタバタの準備から出国~

 

もともと夏休みの宿題とか

いつも直前に泣きながらやる子でした。

 

今回の準備もある程度計画して

やっていたはずなのに

結局直前に焦ってパッキング…

 

小学生の頃と全く変わってなかった笑

(ここの部分、要改善)

 

間に合うかヒヤヒヤしながら

パッキングをする傍らで

家族は楽しそうに晩御飯を食べている…

 

「こうやって焦って準備してるけど

俺やばくない?どう思う??」って聞いたら

 

「だってそれが雄太じゃん。」って言われた笑

 

あぁなるほど笑 慣れてるのね笑

 

そんなこんなで最終日に

しんみりお別れみたいのはなくて

迎えに来てくれた友達の車に

飛び乗って乗って出発…

(ちゃんとできず反省)

 

正直、未知な不安も結構あって

どんな感じに出国するんだろうと思ってた。

 

車から空港が見えて来たら

だんだんとワクワクしてきた!!

 

あ、俺空港好きじゃん!飛行機も好きだし!

これから旅立つとかやばい!!最高!!

そんな気持ちになってきた。

 

空港に着いて

慣れないバックパックを背中に

長年の相棒のサブバックを前にしょって

冒険家になったようなちょっとだけ誇らしい気分。

(宿についたら荷物整理しなくちゃ笑)

 

f:id:yuta_journey22:20161112211407j:plain

 

行くのうらやましいって言われることが多い。

行きたくてもいけない人もいる。

自分は本当に恵まれてると思う。

 

応援してくれている人のためにも

何事も自分が一番楽しんでやろう!!

そう友達に誓っていざ出発。

 

多くの応援メッセージに鼓舞されながら

飛行機に乗り込む。

深夜0:30 飛行機が動き出し、まもなく離陸。

 

 

 

ふと窓の外を見ると

これから通る滑走路が見えた。

深夜でもわかるように

オレンジのライトで示している。

 

 

光の道がまっすぐ遠くまで伸びている。

 

 

この道は自分のこれからの将来って勝手に思った。

 

 

その道を進んでいく。

 

 

もう最高だ!!

 

 

そう思ってるうちに気づいたら空に浮いていた。